「ほっ」と。キャンペーン
2017年 02月 15日

信頼関係。

ある日のこと、テレビで見たところに行ってみたい、とおとん。
それは天保山アニパという、ふれあい動物園みたいなところ。
ある猫ちゃんが、お客さんの背中に乗るのが大好きだという。

ははーん、乗ってもらいたいんやな。

というわけで行ってみました。
有名な海遊館の隣にある、天保山マーケットプレイス。
その一角にありました。

まず、ウサギとカメがお出迎え。
(ウサギとカメだ!今気がついた)
放し飼いになっていて触れるようになっています。

f0011749_10552792.jpg



そして扉の向こうに。

f0011749_10552856.jpg


猫と犬、と豚!!

おそらくちっちゃかったであろう豚さんは1メートル以上ある。
しかし大人しくて、あるお客さんの男性にずっと甘えてました。

犬はあちこち走り回って、猫たちはどちらかというとテーブルや壁に設けられた棚の上でまったり。

f0011749_10552869.jpg


そしてその奥の扉を開けると。

f0011749_10552996.jpg


フクロウとイグアナ。

f0011749_10553001.jpg


カンガルー、カピバラ、マーラ、アルパカ(デカイ!)が。
みんな触れるんです。
でもなんか、ずっと触られまくってるんだろうなと思うと、触るのもはばかられる私。
でもイグアナは触ってみた。

f0011749_10553151.jpg


硬い。
でも中の筋肉が柔らかくてボヨンボヨンと動く。
おもしろーい。
ちょっと飼ってみたい。

また戻って犬猫スペースへ。
猫が変わってる。
時間制なのかな?

ふと見たらこれ。

f0011749_10553159.jpg


おとんの上に乗る猫ちゃん。
この子かー。
この後、おとんはこの体勢のまま犬たちにベロンベロンに舐められてました。

f0011749_10553285.jpg


この子。
おとんは大満足?

でもなんか、触らせてはくれるけど(抱っこはできません)そこにお互いの信頼関係がなくて、通じるものがないのはなんかちょっと虚しいな。
そう考えるとあの豚さんと男性はものすごく信頼関係できてたけど。
常連さんなのかしら。


[PR]

# by niya222 | 2017-02-15 10:34 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 02日

サビちゃん効果?

二胡レッスンに向かう途中の近所の公園に、サビちゃんがいた。
私は数歩行き過ぎて、そのままバックしてサビちゃんにご挨拶。

指を出したら鼻先でクンクンと。
サビちゃん、誰かを待ってるの?
仲のいいクロちゃんかな?

長居はできないのでサビちゃんの背中をポンポンして「サビちゃん、行ってくるね」と言ったら、「にゃーん」と返事してくれた。


そしてレッスン。
我が老師はどちらかというと二胡に関しては厳しい先生で、飴1に対してムチ10って感じ?
いつも叩きのめされて帰ってくる感じ。
先週も改めて左手の悪い癖を指摘され、凹んで帰って来た。

今回、私の体調を最初に老師が聞いてくださって、そしてレッスン開始。
じっと聴いている老師。

「うん、いいね。最初の話が冬みたいで、そこからぱーっと春になったような、春らしい明るい音色が出てた」

おおっ!天から飴が降って来た!
ということではなまるをいただけたのでした。
うーれしーい!

サビちゃん効果?
今度会ったら抱きしめちゃいそう!

f0011749_12480615.jpg


いつも見守ってくれてるニヤとくまにも感謝。
時々ケースの蓋を開けて匂いを嗅いでしまうおかしな元飼い主。
[PR]

# by niya222 | 2017-02-02 12:34 | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 13日

どのくらい?

今週末は寒波がやって来るそうで、大阪でも明日明後日と雪が降ると言っています。
こんな時に限ってセンター試験。
受験生は大変だ!

寒くなって来たので、近所の公園でも猫たちを見かけなくなりました。
みんなどこで暖を取ってるのかな?
寒くないのかな?
足を引きずってた黒猫ちゃんも心配です。

たまたまSNSで見かけた記事。

http://eureka.tokyo/archives/87130

女の子の気持ちが痛いほどわかって、私も涙が出ました。

ハニーさんとこもはっちゃんに似たきゅうちゃんが来て、最初警戒していたのがだんだん慣れてきてよく遊ぶようになって、というのを見ていると、かわいいという気持ちと切ない気持ちになります。
うちはどのくらい待ったら、毛皮を着替えたニヤとくまが来てくれるのかな。

昨日でくまが亡くなって3ヶ月でした。

f0011749_14510304.jpg


ニヤー、くまー、はよ来てくれんと、おかん寂してたまらんわ。
[PR]

# by niya222 | 2017-01-13 14:41 | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 06日

あけましておめでとうございます。

お正月は毎年オットの家でお雑煮食べて、昼から車で2時間の私の実家に帰るのが習慣でした。
そしてその日のうちに帰って、ニヤとくまにご飯をあげて。

今はオットの家にも行かなくなり、うちには帰るけどそう早く帰らなくてもよくなり、なんだかなんとも寂しいお正月になりつつあります。

そんな中、住吉大社さんへ初詣に行って引いたおみくじがコレ。

f0011749_10080213.jpg


大凶なんて初めて見ました。
今結構打ちのめされて悪いことの底だと思うのに、これからもっと悪くなるの?
それとも今が大凶ってこと?

f0011749_10080229.jpg


でもこのおみくじを見て、笑ってしまいました。
ここまできたらえらいもんやな、と思って。
波乱の幕開けなるか、2017年。
今年もよろしくお願いいたします。


[PR]

# by niya222 | 2017-01-06 10:00 | Trackback | Comments(2)
2016年 12月 24日

寂しいクリスマス

いつもは「なに?なに?」とテーブルの上に上がってケーキをクンクンしてたニヤとくま。
こんなところにも寂しさが募る。

サンタさん、ニヤみたいなくまみたいなカワイイ猫ちゃんをプレゼントしてください。
いや、ニヤとくまをください!!

f0011749_22235815.jpg


こんな本が出ていました。
見事に黒猫ばかりの本。
改めて、黒猫はカワイイ!!
くまにそっくりな子がいっぱいいて、なんとも切ない。
[PR]

# by niya222 | 2016-12-24 22:19 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 14日

気配。

今年は本当にいろいろあった。
しかも悪い方に?
おかんは次から次へと病気になり、夏以降は歩けないようになってしまったり。

そんな中でのくまの死去。
秋以降は息をひそめるように生きてきた。
長い人生、こういうこともあるよね。
でも慰めてくれるニヤもくまももういない。

少し落ち着いてきたようには思います。
すると、ここのところなんとなく気配を感じるようになりました。
ニヤなのかくまなのかわからないけど。
先日も、ソファに飛び乗って膝の上に乗ってきたような感触が。
やっぱり心配してるのかなあ。

f0011749_11383246.jpg


近所の公園の子たちです。
前のサビちゃんは飼い猫さん。
ここの子たちと仲良しです。
黒猫ちゃんはもう1匹兄弟がいて、大人の黒猫もいるから一族なのかな。
時々ネコおじさんがご飯をあげているようです。

公園の別の場所は銀色チームがいて、サバ白の子が多いグループがあります。
そこは向かいの工場のおじさんたちがご飯あげてるみたい。

耳とかカットされてないから、組織が入ってる感じはありません。
本当はちゃんと管理した方がいいんだろうな。
これから寒くなるし、この子たちの無事を願わずにいられません。
[PR]

# by niya222 | 2016-12-14 11:27 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 19日

2016紅葉。

今回は猫なしで。
(それも寂しいな…)

あちこち痛くて歩いたり立ったりが困難な私ですが、ネットで見た京都の紅葉をどうしても見たくて、オットに無理を言ってなるべく足に負担がないように行ってきました。

比叡山の麓、八瀬の瑠璃光院。

f0011749_18193815.jpg


ひっそりとした小さなお寺ですが、この時期はかなりの人出になるそう。
この日も平日にもかかわらず、たくさんの人。

f0011749_18193918.jpg



f0011749_18194002.jpg


二階の広間からの眺め。
ここの写真がすごく綺麗だったのです。
携帯のカメラではこれが限界?
あと、陽の光の入り具合で変わりそう。

山の麓のお寺ということで、庭が立体的で建物の一階と二階で雰囲気の違う庭を楽しめました。

f0011749_18194290.jpg


f0011749_18194419.jpg


意外に若い人が多かった。
名前の可愛らしさもあるのでしょうか。

f0011749_18194526.jpg


f0011749_18194511.jpg


この日は雲ひとつないいい天気で、空の青に紅葉の赤が映えてました。
今年は最近まで暑かったのに急に寒くなって、紅葉の色づきがいいように思います。


オットが、玄関入ったところにニヤとくまの写真を並べて置いています。
帰ってきたときに「ただいま」って言いたいもんね。
いつも扉を開けると足元にまとわりついてきてくれたニヤとくま。
これからは「行ってきます」と「ただいま」を見守ってくれそうです。


[PR]

# by niya222 | 2016-11-19 18:05 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 12日

1ヶ月。

くまが亡くなって今日でちょうど1ヶ月。
早いのか遅いのか?
もう時間の流れがよくわからない。

11時15分には最後にいたソファの上をなでなでしました。
なんだか毛並みや体温まで感じられる。
抱きしめられそうなのに、姿はそこにない。
どこにいったの?

f0011749_14300006.jpg


私も、実は夏の終わり頃から少し体調が悪く、今はあまりあちこち出かけられません。
本当ならずっと家にいたら、ニヤやくまとイチャイチャできるのに。
膝の上が寒いよ。

f0011749_14300139.jpg


だめだ、悲しすぎる。

f0011749_14300206.jpg


いつか浮上できるのかなあ。
[PR]

# by niya222 | 2016-11-12 14:19 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 04日

今後。

考えてみたら、ここのブログはニヤとくまの日常を書き綴ろうと思って始めたもの。
ニヤもくまもいなくなってしまった今、ここの存在意味はあるのか?

と思ったけど、やっぱりここがないと、私もオットも心の縁がない。
今はまだあんまり振り返ることはできないんだけれども。

だからしばらく置いておきます。
時々道端で出会った猫さんとか、知り合いの猫さんのアップをしたいと思います。
やっぱり猫はみんなカワイイから。

5月にライブをさせてもらったお店にランチを食べに行きました。
そうだ、あの時「黒猫のタンゴ」を演奏したんだよなあ。

f0011749_15193839.jpg


お店の看板猫チャコちゃん。
一番いい場所を陣取ってます。

f0011749_15193858.jpg


新メニューという野菜の天ぷらセット。
野菜はお店の方が育てられてる野菜です。
ニンジンも、タマネギも、おいもさんも、甘いの!
この他に野菜たっぷりのスープとサラダ、小さなヨーグルトがついてます。
お腹いっぱい!

さあ、帰ろうかと思ったら、奥からKさんがチャコちゃんを抱っこして出てきはりました。
そして私に「はい」って。

f0011749_15193915.jpg


元々抱っこ嫌いなチャコちゃんなのに、オットが写真撮るの遅くてチャコちゃんの足がもう拒否!
それでも爪も立てずに大人しくしてくれました。
たぶんチャコちゃんもわかってるんだろうな、私が傷心だって。

3週間ぶりの猫の感触。
丸っこくて、フワフワで、温かかった。

あかん、また号泣。
[PR]

# by niya222 | 2016-11-04 15:06 | Trackback | Comments(2)
2016年 10月 22日

その後。

くまが亡くなって1週間経ちました。

おかんはぼーっとしています。
ただ、ニヤの時は全身に大きなスイッチがたくさんついてて、それが何かの弾みにONになると涙がドバーッと出て止まらなかったんです。
今回はそのスイッチが少なくて、号泣の回数が少ないように思います。

まだくまを撫でた感触も残ってる。
なのに家の中が静かです。
くまはよく鳴く子だったから。

そんなある日。
あれ?と思いました。
くまが亡くなった次の日、つい癖でお水を新しいものに替えていたんです。
その水が減っている。
もしかして?と思ってまた水を入れ替えて置いておくと、2〜3日してまた減っています。

f0011749_10251547.jpg


これが最初。

f0011749_10251659.jpg


これが2回目。
いつも1日にどれくらい飲んだかわかるように、口いっぱいまで入れるようにしていました。
明らかに減ってる。
蒸発したにしては量が多すぎるし、周りにこぼれてもいません。

くま、飲んでるね?
姿も見えないし声も聞こえないけど、いるんやね?

昨日は鳥取で大きな地震があり、大阪でもかなり揺れました。
この家に引っ越して来て一番大きい揺れでした。
出かける気でいたのですが、ちょっと体調が悪いかな?と思って家にいたらあの揺れ。
ニヤとくまが「おかん、今は家におり」といってくれたのかなあ。

f0011749_10304711.jpg


くまの遺影にしました。
珍しくアイドル顔のくま。
[PR]

# by niya222 | 2016-10-22 10:13 | Trackback | Comments(0)