ゆるりと猫的日々

niyakuma.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 19日

消化しきれない想い。

ある朝。
おとんが会社に行く用意をバタバタとしてて、急に「わああっ!」と声を上げた。
くまの足を踏んだらしい。

20歳のおじいちゃんの足を踏むだなんて!
と思ったけど、当の本人はその後何事もなく過ごしてる。
大丈夫そう?

といったことを呟いたら、猫飼いの方が「うちもそういうことがあって大丈夫かなと思ってて、その猫が亡くなって火葬した時に踏んだ足が曲がってた」とおっしゃってて。

そういえば晩年のニヤは、前足がエラく反ってたように思ったけど、あれも知らずに踏んじゃってた?
そしてニヤの火葬の時のことを思い出そうとして、火に入る前のニヤの姿はよく覚えてるのに、出てきた骨のニヤの記憶が全くないことに気がついた。

葬儀会社の人が「これはどこの骨」って説明してくれたような、人間と一緒やなあと思ったような、全部骨を拾っても骨壷の半分くらいにしかならなくて「小さい」と思ったような。
でも、映像としてのニヤの骨の記憶が本当にない。

と思った瞬間、堰を切ったようにどっと涙が出た。
久しぶりに何枚もの鼻セレブのお世話に。
この涙は何?
悲しいの?
覚えてなくて悔しいの?
言葉に当てはまらない感情が押し寄せる。

ニヤが亡くなって1年と5ヶ月。
ペットロスは人に聞いてたよりは軽かったのかな?と思いつつ、ここへきて消化しきれてない想いがまだまだあるのだと気づく。

あの時は時が止まったように感じてたけど、あれからまた水がちょろちょろ流れ出して日常生活に戻った。
でもどこか淀んだ水があって、そこは1年5ヶ月前のまま。
人間って、そうやって置いてきたものの蓋が開く時があるんやね。
普段は流れてて気づかないのに。

そうやって不完全なまま、今日も流れていくんだろうなあ。

f0011749_16042561.jpg


カウンターも食器棚周りも何も変わってないのに、ニヤだけがいない日常。

あ、足を踏まれたくまは本当に大丈夫な様子です。

f0011749_16042681.jpg


私の手を握ってくれました。
ニヤがいなくなって、気のせいか優しくなったよね、くま。
[PR]

by niya222 | 2016-09-19 15:41 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://niyakuma.exblog.jp/tb/25974808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 点滴。      再び。 >>