ゆるりと猫的日々

niyakuma.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 16日

紺碧の空に。

昨日、ニヤと同じところで荼毘に付してきました。

家を出る前に、この5月にライブで演奏した「黒猫のタンゴ」を聞いてもらって。
そして家を出ました。

ニヤの最期は枯れたように体が縮んで、顔つきも少し変わっちゃってたんですが、くまは下半身の痩せたの以外はほとんど変化がなかったので、亡くなってから荼毘に付すまで置いておいたら、まるで寝てるかのようで。
起きてと言ったら今にも起きて「にゃー」と言いそうでした。
だからこそ、荼毘に付すのが辛かった。

f0011749_17061432.jpg

ニヤの時みたいに紺碧の空に煙が上って行きました。

ニヤが骨になって出てきた記憶が抜け落ちていた私ですが、昨日はしっかり焼き付けました。
まず、形がすごく残ってた。
葬儀社の人も「元気な猫ちゃんやったんですね」と言うくらい。
ニヤの時骨壺の半分くらいしか収まらなかった気がするのに、くまは「蓋が閉まるのか?」と心配に。

今回はおかん、落ち着いてます。
これはやはり2度目だからか、それとも見せかけか?
これから出てくるのか?
ただ、家が静かすぎて怖いです。
この家に引っ越してきて初めて猫のいない生活。
ご飯の器や、トイレや、その他のものをまだ片付ける気がおきません。

f0011749_17061521.jpg


仲良く並んでいます。
T家天国支店勤務を命じます。
私らが行くまで、ニヤと仲良く待ってて。

そうそう、くまが亡くなった次の日の朝につい癖で飲み水を入れ替えたんですが、今日見たらその水が減っていました。
どれくらい飲んだかわかるようにいつもギリギリいっぱいまでみずを入れるんですが、明らかに減ってる。

f0011749_17061708.jpg


くま、やっぱり起き出して水飲んでたのかなあ。
しばらくお水は毎日替えて出してみます。

f0011749_17061821.jpg


[PR]

by niya222 | 2016-10-16 16:48 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://niyakuma.exblog.jp/tb/26428431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< その後。      会えた? >>