ゆるりと猫的日々

niyakuma.exblog.jp
ブログトップ

2017年 06月 01日 ( 1 )


2017年 06月 01日

同じ名前のおかん。

ツイッターでも何人か猫関係の方をフォローさせていただいてます。
その中でも、UAEでたくさんの猫とうさぎとガゼルとラクダ?ハリネズミ?たちと暮らしているはなももさんのツイートに心癒されています。

毎日の砂の上でのお昼寝(朝寝?)とか、鳥の声も聞こえて猫たちも一緒になって寝てて気持ち良さそう。

そのはなももさんのところに少し前にお腹の大きな母猫が入り込んで、3匹の赤ちゃんを生みました。
トラ白の子と、三毛の子と、真っ黒の子。
もう本当に可愛くて可愛くて可愛くて。

その3匹のうち、黒猫のヒニーさんの目が兄弟で一番早く開きました。


そして私が妄想したこと。
昨年秋。
くまはもう耳も聞こえなくなって、目も見えなくなってた。
大好きなおかんの顔も見えない。
どこも痛くないし辛くもないけど、眠くなってきた。
少し寝よう。


明るいところに出た。
まだ何も見えない。
懐かしいお母さんのおっぱいの香りがする。
そして久しぶりに目が開いた。
そこにはおかんと同じ名前の人がいた。
あれ?
そうか。僕はここで生きて行くんやね。

日本のおかんは見守ってるよ。
大きくなあれ、ヒニー。

f0011749_16551365.jpg


[PR]

by niya222 | 2017-06-01 16:39 | Trackback | Comments(0)