ゆるりと猫的日々

niyakuma.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 19日

2016紅葉。

今回は猫なしで。
(それも寂しいな…)

あちこち痛くて歩いたり立ったりが困難な私ですが、ネットで見た京都の紅葉をどうしても見たくて、オットに無理を言ってなるべく足に負担がないように行ってきました。

比叡山の麓、八瀬の瑠璃光院。

f0011749_18193815.jpg


ひっそりとした小さなお寺ですが、この時期はかなりの人出になるそう。
この日も平日にもかかわらず、たくさんの人。

f0011749_18193918.jpg



f0011749_18194002.jpg


二階の広間からの眺め。
ここの写真がすごく綺麗だったのです。
携帯のカメラではこれが限界?
あと、陽の光の入り具合で変わりそう。

山の麓のお寺ということで、庭が立体的で建物の一階と二階で雰囲気の違う庭を楽しめました。

f0011749_18194290.jpg


f0011749_18194419.jpg


意外に若い人が多かった。
名前の可愛らしさもあるのでしょうか。

f0011749_18194526.jpg


f0011749_18194511.jpg


この日は雲ひとつないいい天気で、空の青に紅葉の赤が映えてました。
今年は最近まで暑かったのに急に寒くなって、紅葉の色づきがいいように思います。


オットが、玄関入ったところにニヤとくまの写真を並べて置いています。
帰ってきたときに「ただいま」って言いたいもんね。
いつも扉を開けると足元にまとわりついてきてくれたニヤとくま。
これからは「行ってきます」と「ただいま」を見守ってくれそうです。


[PR]

# by niya222 | 2016-11-19 18:05 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 12日

1ヶ月。

くまが亡くなって今日でちょうど1ヶ月。
早いのか遅いのか?
もう時間の流れがよくわからない。

11時15分には最後にいたソファの上をなでなでしました。
なんだか毛並みや体温まで感じられる。
抱きしめられそうなのに、姿はそこにない。
どこにいったの?

f0011749_14300006.jpg


私も、実は夏の終わり頃から少し体調が悪く、今はあまりあちこち出かけられません。
本当ならずっと家にいたら、ニヤやくまとイチャイチャできるのに。
膝の上が寒いよ。

f0011749_14300139.jpg


だめだ、悲しすぎる。

f0011749_14300206.jpg


いつか浮上できるのかなあ。
[PR]

# by niya222 | 2016-11-12 14:19 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 04日

今後。

考えてみたら、ここのブログはニヤとくまの日常を書き綴ろうと思って始めたもの。
ニヤもくまもいなくなってしまった今、ここの存在意味はあるのか?

と思ったけど、やっぱりここがないと、私もオットも心の縁がない。
今はまだあんまり振り返ることはできないんだけれども。

だからしばらく置いておきます。
時々道端で出会った猫さんとか、知り合いの猫さんのアップをしたいと思います。
やっぱり猫はみんなカワイイから。

5月にライブをさせてもらったお店にランチを食べに行きました。
そうだ、あの時「黒猫のタンゴ」を演奏したんだよなあ。

f0011749_15193839.jpg


お店の看板猫チャコちゃん。
一番いい場所を陣取ってます。

f0011749_15193858.jpg


新メニューという野菜の天ぷらセット。
野菜はお店の方が育てられてる野菜です。
ニンジンも、タマネギも、おいもさんも、甘いの!
この他に野菜たっぷりのスープとサラダ、小さなヨーグルトがついてます。
お腹いっぱい!

さあ、帰ろうかと思ったら、奥からKさんがチャコちゃんを抱っこして出てきはりました。
そして私に「はい」って。

f0011749_15193915.jpg


元々抱っこ嫌いなチャコちゃんなのに、オットが写真撮るの遅くてチャコちゃんの足がもう拒否!
それでも爪も立てずに大人しくしてくれました。
たぶんチャコちゃんもわかってるんだろうな、私が傷心だって。

3週間ぶりの猫の感触。
丸っこくて、フワフワで、温かかった。

あかん、また号泣。
[PR]

# by niya222 | 2016-11-04 15:06 | Trackback | Comments(2)
2016年 10月 22日

その後。

くまが亡くなって1週間経ちました。

おかんはぼーっとしています。
ただ、ニヤの時は全身に大きなスイッチがたくさんついてて、それが何かの弾みにONになると涙がドバーッと出て止まらなかったんです。
今回はそのスイッチが少なくて、号泣の回数が少ないように思います。

まだくまを撫でた感触も残ってる。
なのに家の中が静かです。
くまはよく鳴く子だったから。

そんなある日。
あれ?と思いました。
くまが亡くなった次の日、つい癖でお水を新しいものに替えていたんです。
その水が減っている。
もしかして?と思ってまた水を入れ替えて置いておくと、2〜3日してまた減っています。

f0011749_10251547.jpg


これが最初。

f0011749_10251659.jpg


これが2回目。
いつも1日にどれくらい飲んだかわかるように、口いっぱいまで入れるようにしていました。
明らかに減ってる。
蒸発したにしては量が多すぎるし、周りにこぼれてもいません。

くま、飲んでるね?
姿も見えないし声も聞こえないけど、いるんやね?

昨日は鳥取で大きな地震があり、大阪でもかなり揺れました。
この家に引っ越して来て一番大きい揺れでした。
出かける気でいたのですが、ちょっと体調が悪いかな?と思って家にいたらあの揺れ。
ニヤとくまが「おかん、今は家におり」といってくれたのかなあ。

f0011749_10304711.jpg


くまの遺影にしました。
珍しくアイドル顔のくま。
[PR]

# by niya222 | 2016-10-22 10:13 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 16日

紺碧の空に。

昨日、ニヤと同じところで荼毘に付してきました。

家を出る前に、この5月にライブで演奏した「黒猫のタンゴ」を聞いてもらって。
そして家を出ました。

ニヤの最期は枯れたように体が縮んで、顔つきも少し変わっちゃってたんですが、くまは下半身の痩せたの以外はほとんど変化がなかったので、亡くなってから荼毘に付すまで置いておいたら、まるで寝てるかのようで。
起きてと言ったら今にも起きて「にゃー」と言いそうでした。
だからこそ、荼毘に付すのが辛かった。

f0011749_17061432.jpg

ニヤの時みたいに紺碧の空に煙が上って行きました。

ニヤが骨になって出てきた記憶が抜け落ちていた私ですが、昨日はしっかり焼き付けました。
まず、形がすごく残ってた。
葬儀社の人も「元気な猫ちゃんやったんですね」と言うくらい。
ニヤの時骨壺の半分くらいしか収まらなかった気がするのに、くまは「蓋が閉まるのか?」と心配に。

今回はおかん、落ち着いてます。
これはやはり2度目だからか、それとも見せかけか?
これから出てくるのか?
ただ、家が静かすぎて怖いです。
この家に引っ越してきて初めて猫のいない生活。
ご飯の器や、トイレや、その他のものをまだ片付ける気がおきません。

f0011749_17061521.jpg


仲良く並んでいます。
T家天国支店勤務を命じます。
私らが行くまで、ニヤと仲良く待ってて。

そうそう、くまが亡くなった次の日の朝につい癖で飲み水を入れ替えたんですが、今日見たらその水が減っていました。
どれくらい飲んだかわかるようにいつもギリギリいっぱいまでみずを入れるんですが、明らかに減ってる。

f0011749_17061708.jpg


くま、やっぱり起き出して水飲んでたのかなあ。
しばらくお水は毎日替えて出してみます。

f0011749_17061821.jpg


[PR]

# by niya222 | 2016-10-16 16:48 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 12日

会えた?

昨晩から痙攣も出始め、もうロウソクの火が小さく小さくなっていました。
おかんはずっとつきっきりでくまを見ていました。
夜中3時間ほど仮眠して4時半に起きたら、朝焼け。

f0011749_17113556.jpg


ベランダにくまを抱っこして連れ出して「ほら、綺麗やね」と言うと、ほんの少し反応が。

おとんはくまを残して会社へ。
その後も見守るおかん。

f0011749_17113696.jpg


ほとんど動かないものの、時々立とうとする。
でももう立てないので、私が支えて移動。
それから目がずっと開きっぱなしで、すごい目力。

f0011749_17113613.jpg


抱っこしてみました。
くまの目の中におかんが映ってるね。

痙攣が頻繁になって、とうとう呼吸が止まりました。
毛玉を吐いて、残ってたおしっこもらして、逝きました。
午前11時15分。

ニヤの時は脱水症状で顔が変わっちゃってたんですが、くまはほとんど変わりなく。
ツヤツヤの男前で逝きました。

おかん、寝不足で放心状態で今もちょっとおかしいです。
2回目だから少しは大丈夫かと思ったけど、全然大丈夫じゃなかった。

お昼におとんが帰ってきてくれて、いろいろこれからの手続きを。

くま、ありがとうね。
20年前、あなたがうちに来てくれてよかった。
毎日楽しかった。
ニヤには会えたかな?
おとんとおかんは多分あと20年は生きなあかんと思うのでしばらくそっちには行かれへんけど、2人で仲良く暮らしててな。
そして私らがそっちに行ったら、また4人でずーっと仲良く暮らそうね。
ばいばい。またね。

f0011749_17113753.jpg


[PR]

# by niya222 | 2016-10-12 16:52 | Trackback | Comments(4)
2016年 10月 11日

冷たい。

立てなくなりました。
後ろ足が踏ん張れなくて伸びちゃって、前足もちゃんと手がつけない。
あちこちシーツを敷いて回っています。
オムツという手もあるのかもしれないけど、何となくやめてます。

f0011749_16402665.jpg


ニヤの骨壺置いてるテーブルの下が一番落ち着くみたい。
ニヤに守られてる感じなのかな。
あとはベッド下。

こんなに生命のともし火が小さくなってきてるのに、目だけは爛々としています。
ベッド下を覗いてみたら、目があったりしてドキッとします。
なんだろう、この目力。

f0011749_16402791.jpg


ニヤに比べてあまり痩せてるように見えません。
ニヤは最後本当にガリガリになっちゃったもんな。
毛並みもすごくいいのです。
でも、手足や頭の体温が下がっているのがわかります。
肉球をそっと握ると、明らかに冷たい手。
これって温めてあげた方がいいのかな?

くまのロウソクの火が小さくなってきました。

[PR]

# by niya222 | 2016-10-11 16:31 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 10日

生き仏。

くまがご飯を食べなくなりました。
あんなに好きだったa/d缶も、ちゅーるも、かつおぶしも。
口の前に持って行っても食べてくれません。

ニヤの時はそこから強制給餌に切り替えて、注射器でドロドロのご飯を直接口の中に入れてあげてたのでした。
ニヤは嫌がってたな。
「いらない」って言ってたんだろうな。

本人がもう食べること(生きること)を拒否してるのに、そこに強制的に食べさせて命を繋げるのはどうなんだろう。
延命は人間の勝手?
私が悲しい思いをしたくないから?
そうなんですよね。
今回はくまの気持ちを大事にしました。

f0011749_06462242.jpg


ニヤの骨壺の下、ソファの上、洗面所、ベッドの上、クローゼット下、ジャンボクッションを巡回しています。

食べてないのに毛ヅヤが結構よくて、下半身は痩せたけど目に見えた衰えが少ないです。
目を開けて、何を見てるんだろう。
その姿がまるで生き仏のよう。

くま、何が見えてるの?

私も落ち着いています。
これもニヤが教えてくれたからだなあ。
とてもとても悲しいけれど、立派な姿を見届けてあげたいです。

f0011749_06462360.jpg


くまのお腹が静かに上下するのを見守る日々です。


[PR]

# by niya222 | 2016-10-10 06:31 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 05日

点滴。

今年の夏は天候が変でしたね。
そして10月になったのに、関東では34度とか。
今日も台風が日本を通過ということで、蒸し暑いです。

そんな夏をよく耐えてる。
20歳越えにはキツイはず。

ここのところ少し前から便秘気味だったのですが、その後ご飯を食べなくなり。
水を飲む量も減っておしっこの回数も減ってきました。
これはあかん!と思い、病院で点滴。
その時体重を計ってもらったら、3.6キロ。
軽い。

f0011749_17210970.jpg


こうやって、ニヤの骨壺を置いてる小テーブルの下にいます。
落ち着くのかな。

点滴してもらってから少し回復?
ご飯はあまり受け付けないですが、なぜかかつおぶしはよく食べるので、ご飯に混ぜてあげています。
本当はかつおぶしはあんまりよくないのかもしれないけど、今は食べてくれるだけありがたい。
お水も飲んで、おしっこもしています。
うんちはカリカリ食べてないからなあ。

弱ってきているのがわかります。
しっかりしなきゃ。
ニヤも言ってる。

f0011749_17211188.jpg


これを書いていたら、ソファの上に登って私の膝の上に乗ってくれています。
あったかいね。
[PR]

# by niya222 | 2016-10-05 17:07 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 19日

消化しきれない想い。

ある朝。
おとんが会社に行く用意をバタバタとしてて、急に「わああっ!」と声を上げた。
くまの足を踏んだらしい。

20歳のおじいちゃんの足を踏むだなんて!
と思ったけど、当の本人はその後何事もなく過ごしてる。
大丈夫そう?

といったことを呟いたら、猫飼いの方が「うちもそういうことがあって大丈夫かなと思ってて、その猫が亡くなって火葬した時に踏んだ足が曲がってた」とおっしゃってて。

そういえば晩年のニヤは、前足がエラく反ってたように思ったけど、あれも知らずに踏んじゃってた?
そしてニヤの火葬の時のことを思い出そうとして、火に入る前のニヤの姿はよく覚えてるのに、出てきた骨のニヤの記憶が全くないことに気がついた。

葬儀会社の人が「これはどこの骨」って説明してくれたような、人間と一緒やなあと思ったような、全部骨を拾っても骨壷の半分くらいにしかならなくて「小さい」と思ったような。
でも、映像としてのニヤの骨の記憶が本当にない。

と思った瞬間、堰を切ったようにどっと涙が出た。
久しぶりに何枚もの鼻セレブのお世話に。
この涙は何?
悲しいの?
覚えてなくて悔しいの?
言葉に当てはまらない感情が押し寄せる。

ニヤが亡くなって1年と5ヶ月。
ペットロスは人に聞いてたよりは軽かったのかな?と思いつつ、ここへきて消化しきれてない想いがまだまだあるのだと気づく。

あの時は時が止まったように感じてたけど、あれからまた水がちょろちょろ流れ出して日常生活に戻った。
でもどこか淀んだ水があって、そこは1年5ヶ月前のまま。
人間って、そうやって置いてきたものの蓋が開く時があるんやね。
普段は流れてて気づかないのに。

そうやって不完全なまま、今日も流れていくんだろうなあ。

f0011749_16042561.jpg


カウンターも食器棚周りも何も変わってないのに、ニヤだけがいない日常。

あ、足を踏まれたくまは本当に大丈夫な様子です。

f0011749_16042681.jpg


私の手を握ってくれました。
ニヤがいなくなって、気のせいか優しくなったよね、くま。
[PR]

# by niya222 | 2016-09-19 15:41 | Trackback | Comments(0)