ゆるりと猫的日々

niyakuma.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 10日

再び。

ここのところ調子よかったくま。
ふと見たら、トイレのシーツに血尿が!
しかも結構な量。

くまの体調をメモしてたんですが、大きな血尿は1ヶ月ぶり。
あら〜。

次の日、おかんは半日外出予定があり、不安なまま行くのもなんなので病院に連れて行ってきました。
嫌がるくまを無理矢理キャリーに押し込めて。

以前病院に行った時よりは元気だったんですが、あんなに食べて丸っこくなってるから体重増えてるかと思いきや、3.9キロ。
前と一緒。
あれ?
背骨も出てないし、お腹に弾力もあるのに?

先生曰く、歳をとると食べても消化吸収が悪くなって太らないと。
そうなのか。
そういえば人間でも太ったおばあちゃんとかおじいちゃんっていないもんね。

点滴と抗生物質投与。
腰のあたりに注射うとうとしたら、「シャー!」。
あれ?くまがシャー?

帰りも車の中でずっとうーうー唸ってました。
なんかニヤみたい!
ニヤ入ってる?

f0011749_12372748.jpg


元気はあるし、食欲もあるし、その他は本当に元気です。
その後血尿も赤い色が出なくなりました。
安心。
でもおかんを無視するように。
無理矢理キャリーが堪えたようです。
ごめんようー。

f0011749_12372851.jpg


少し涼しくなったので、クッションで寝る。
こういう平和が長く続いてほしいです。
[PR]

# by niya222 | 2016-09-10 12:25 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 03日

ニヤの声。

くまはあれから血尿もなく、ご飯もいっぱい食べ、すこーし便秘気味だけどなんとか出すものも出し、よーく寝て、元気です。
調子が悪かった時は痩せて背骨がゴツゴツ当たってたけど、今は体重も増えてまるっとしてます。
ほんとよく食べるもんね。
ご飯が美味しいのはいいことだ。


さて。
ある日のこと。
オットが夜、仕事から帰ってきました。
玄関開けて入って廊下を歩いてると、洗面所でポテッと寝てるくまがご挨拶「にゃー」。
その時、オットが「おっ?」と(シャレじゃなくて!)。

f0011749_10310726.jpg



くまの「にゃー」の後に、寝室のベッドの下辺りから「にゃー」と聞こえたと言うのです!
しかもくまの声じゃなかった、あれはニヤの声だと。
いるんだ!ニヤ、いるんだね。


普段霊的なものを異常に怖がるオットなのに、ニヤの声はすごくうれしそうでした。
私も聞きたい!

寝る前に、くまが時々寝室から少し開けたドアの方をじーっと見てることがあって、ニヤがいるのかなと思ったことがあります。
いつも寝室に入らなくて、ドアの隙間に目だけが暗闇の中に見えることがあったニヤ。
今でもじっと目を凝らして見るんですが、私には闇しか見えない。
もどかしい。

f0011749_10310802.jpg


洗濯物を畳むおとんの手伝いをするくま。
…のはず。
この上もニヤはよく来たけど、くまは来なかったのにね。
[PR]

# by niya222 | 2016-09-03 10:13 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 15日

お盆。

お墓参りに行ってきました。
暑くて蒸発しちゃいそうでしたが。

姑は舅が大好きで、子供よりお父ちゃん!な人だったから、お盆でもこちらには来ずにお父ちゃんといるんだろうなあ。
亡くなってすぐは時々線香の匂いがしたりしてたこともあったんですが、もう最近はとんと気配はありません。

そしてニヤ。
確かに私は全く霊感はありませんが、それにしたって全くと言っていいほど何も感じません。
はっちゃんのおかんさんが、このお盆にカリカリの匂いがしたなんて仰ってて、はっちゃん帰ってきたんやなあ〜と思ったんですが。
悲しいなあ。

世間ではお盆ですが、15日はニヤの月命日。
そして8月15日はニヤの誕生日。
生きていれば21歳です。

ニヤ、そっちは楽しいの?
たまにはおかんとおとんに会いに来てね。

f0011749_20214531.jpg


大好きな扇風機のそばで寝るくま。


f0011749_20214636.jpg


ちゅーるをあげてる時に、まだ全部器に入れてないうちから顔を突っ込んで食べようとするので、顔にいっぱいついちゃった!
なんちゅー顔だ!
[PR]

# by niya222 | 2016-08-15 20:11 | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 01日

暑中お見舞い申し上げます。

その後も何日かに時々血尿出たりしてますが、食欲もあり、うんちもだいたい1日1回出るようになりました。
腎臓はなあー。
先生も「猫の宿命」とおっしゃってたし。
もうどうこうするものでもないんでしょうね。
ただただ、くまが痛かったり辛かったりしなかったらそれでいいのかも。

f0011749_17160998.jpg


私がくまのご飯の用意をしていると、こんな風にして待っています。
「ごはーん」って鳴いてる。
ニヤはくまよりもう少し離れたところでじっと待ってたな。

f0011749_17160982.jpg


おとんが抱っこするー。
諦めの顔。

f0011749_17161081.jpg


連日33度とか35度とか言ってるのに、陽の当たるところで寝ていました。
最初はビタミンD合成中かと思ったけど、寝てて知らない間に熱中症になったら困ると思って強制撤去しました。

昨日は夕方出先で夕立にあって足止めをくらいました。
夏だー!
うちはもう今年の夏はエアコン29度でつけっぱなし。
くまのためにも、人間のためにもね。
[PR]

# by niya222 | 2016-08-01 17:06 | Trackback | Comments(4)
2016年 07月 17日

落ち着いた。

その後のくま。

食欲ありすぎ!ぐらい反動で食べてたのも少し落ち着いてきました。
うんちは朝ご飯食べた後に1日1回。
もりもりっと。
おしっこは回数が多くて1回の量が少ないけど、血は混じらなくなった。

一時期背中を撫でると背骨を感じてたんやけど、それもおさまってきた。
元のくまに戻ったみたい。

ベッド下にも潜らなくなったし。
よく鳴き、よく食べ、よく出し、いつものくま。

よかった〜。

f0011749_15375805.jpg


私が二胡の発表会でもらった参加賞。
蓮の葉っぱをくまにつけてみました。
くまから蓮が生えた!
似合ってるね。

おとん考案スロープつきトイレ。
f0011749_15375956.jpg


ちょっと斜めになってますが。
このトイレ、ちょっと深めだったのでどうしても後ろ足が入らなかったんですよね。
これだと苦もなく入れるし、出るのも楽そうです。
と言いつつ、おしっこはお尻が外に出てて、結局シーツにジャーとなってますが。
うんちはこれでしやすくなった。
おとん、ナイスアイデア!

f0011749_15375955.jpg


こうやって寝顔を見ている時が幸せです。
[PR]

# by niya222 | 2016-07-17 15:29 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 11日

出たー!

先日病院でかき出すように出たうんちでしたが、今日は自力でしました!
やったー!
7月3日以来のうんち。

ここのところ食欲回復してたくさん食べるようになってきてたので、逆に出ないのが心配で。

今まで使ってたトイレの縁が高くて、後ろ足が弱ったくまは後ろ足が入らないままおしっこしたりしてたんです。
それであまり高さのない箱で簡易トイレを作ってみたんですが、おしっこはするもののうんちはしてくれない。

うーん、どうしたもんか。

f0011749_20111198.jpg


こういう狭くて暗いところが落ち着くみたい。

今日になってトイレはとりあえず今までのやつと簡易トイレを二つ並べて置いてみました。
そしたら!
今までのトイレに入っておしっこしたくま、くるっと向きを変えて踏ん張り出した。
いいぞー!



出たー!やったー!


ただやっぱり縁を超えるのが辛そうなので、階段を作るか?スロープにするか?
おとんが考えたのが、スロープ。
市販のものを使ってスロープを作って、シート敷いてみました。

いけるかな?

最初「なにこれ?」みたいなくま、その後普通にスロープ登ってトイレに入りました。

またまたやったー!
スロープ作戦大成功!

老猫介護、がんばります。

f0011749_20111187.jpg




[PR]

# by niya222 | 2016-07-11 19:42 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 08日

心配ー。

ここんとこうんちが1日おきになり、2日空いて、7月3日にしたっきり全く出なくなりました。
食欲もないようで、いつものご飯を用意しても一応器の前に来るものの、ふいっとすぐどこかに行ってしまう。
日中も暑いので、ベッドの下に潜ってじっとしています。

今日はお医者さんに連れて行きました。

f0011749_17245875.jpg


前は連れ出すとすごい声で鳴いてたけど、やっぱり少し力なく。
診察台の上にいてもぼーっとしてる。
体重は3.9キロ。
4キロ切っちゃった。

体温計をお尻の穴に差し込んだら、なにか硬いものに引っかかる感じがあると。
少しグリグリやってみたら、診察台の上でコロンと栓みたいなうんちが。
出たー!

その後また診察台の上できばってほんの少しうんち出ました。
一応点滴も打ってもらって。

と思ったら、今度はおしっこ!
しかも血が混じってる!
先生慌てて抗生物質注射。
診察台の上にシート敷いてたから良かったものの、えらいことになりました。
でもとりあえず出た。
よかった〜。

とは言っても20歳。
もう突然何があってもおかしくない歳。
覚悟してなさいよってことだろうな。

ニヤの時と比べたら、やっぱり少し私の気がしっかりしてる。
ちゃんと最期を看取るって覚悟。
こんなとこまでニヤは私に残していったんやね。

f0011749_17245806.jpg


家に帰ってきてノンビリ。
今はまたベッドの下に潜っています。

ご飯も、先生は「食べるものやったら何でもいいからあげて」って。
知り合いのブロガーさんから教えていただいたモン◯チの18歳以上用のパウチ、食いつきがすごくよくて助かっています。

くま、ぼちぼち行こや。
[PR]

# by niya222 | 2016-07-08 17:10 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 03日

くまの顔。

ニヤがいなくなってから気づいたこと。

くまの目ヤニがひどくなった?
目頭から茶色い目ヤニがついてることが多くなった。
時々少し湿気らせたテッシュでふき取る。
ついでに耳の中もフキフキ。

くまは元々毛づくろいをしない子だったな、そういえば。
顔を洗う仕草も見たことない。
それなのにあんなに漆黒でツヤツヤビロードみたいな毛並みだったのは、ひとえにニヤのナメナメだったのだなとあと。

今朝も目ヤニ、鼻くちょ、口には食べカス、のきったなーい顔で膝の上に乗ってきたので、フキフキしてキレイにしてあげました。

f0011749_10574671.jpg


ちょっとピントが合わなかったけど、キレイになったよ。
男前!

この頃は歩くのも少しフラフラというかおぼつかない感じになっています。
便秘もしてるし心配。
食欲はあるんですけどね。
梅雨の合間だというのに30度を越す気温、梅雨が明けたらどうなるんだろう。
20歳のくまには厳しいなあ。
なるべく一緒にいてあげて、快適な環境にしたいと思います。

f0011749_10574763.jpg


暑いー。
だれーん。

[PR]

# by niya222 | 2016-07-03 10:47 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 14日

はっちゃんが!

あの超有名白黒猫のはっちゃんが9日、亡くなったそうです。
「体調崩して入院します」と3日ほど前にブログに上がってたけれど、まさかそのまま亡くなっちゃうなんて。

その昔、中津のカンテグランテというカフェではっちゃんの写真展があって見に行ったなあ。
お客さんも少なくて、写真展見終わってカフェでお茶してたら店員さんがコソッと「はっちゃんが来ましたよ」なんて教えてくれて。
はっちゃん、全く人見知りしない堂々とした子だった。
その時に買った写真集にはっちゃんの肉球スタンプ押してもらって。

八二さん、どんなにか悲しいことでしょう。

私もニヤが亡くなるまでは、それでも知り合いの猫さん達が亡くなったら悲しくて泣いてたけど、自分とこの子が亡くなるのはまた全然違う。
体の半分以上持ってかれたような大きな喪失感。
あれは自分とこの子亡くして初めてわかることなんやなと。

今はもう時間にまかせるしかないのでしょう。

そういえば、昔よくネットとかで見てたりした子たちがここのところ相次いで亡くなってしまって、本当に寂しくて悲しい。
みんな向こうで集まって遊んでるのかなあ。
ニヤもいるのかなあ。

はっちゃん、ありがとうね。
安らかに。

f0011749_16524678.jpg


蒸し暑いー、のくま。
[PR]

# by niya222 | 2016-06-14 16:39 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 23日

黒猫のタンゴ。

昨日は某カフェでライブをやらせていただいてきました。
お客さんが思ったよりもたくさん入ってくださって、満員御礼!

3月だったか、ここのカフェの方にライブやりましょうと持ちかけていただいて、いろいろ用意して行ったのですが。
その中にお店の人のリクエストで、「黒猫のタンゴ」がありました。
1970年代に一世を風靡した歌。
皆川おさむという当時6歳くらいの子供が歌う、まるで黒猫が恋人のような歌。
そこのお店でも猫を飼っていらして、そしてまたうちにも黒猫がいるというので、たっての希望で。

そしてピアノで伴奏を作って二胡で弾いてきました。
ちゃーんと猫の鳴き声も入れて。
おーウケたー!と手応えがありました。

そして全ての演奏が終わった後、お店の人がアンコール、もう一度「黒猫のタンゴ」を、そして今度はお客さんも一緒に歌いましょう!と歌詞を大きな紙に書いてくださってる!
なんとサプライズされてしまいました。

ええ、もう、みーんな歌ってくださいました。
私も負けじと二胡弾きました。
音楽の本来のあり方ってこうだよな、演奏者と聴衆をわけるんじゃなくて、みんなで一緒に楽しむもんだよなーと弾きながら感動。

f0011749_16311719.jpg



いいライブだったー。
お客さんも帰った後、どこかに潜んでたそこの看板猫ちゃんも降りてきてくれました。
どこかで聴いててくれたかな?

家に帰ってニヤとくまに報告。

f0011749_16311773.jpg


こんなんですけどね。
それに「黒猫のタンゴ」の黒猫ちゃんみたいに妖しげな美女というよりは、どんくさのんびりの男の子ですが。
家でこの曲練習してても「我関せず」だったしなー。
もしかして、もしかすると、くまって黒猫の自覚がない?!
[PR]

# by niya222 | 2016-05-23 16:11 | Trackback | Comments(0)