ゆるりと猫的日々

niyakuma.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 18日

やめてー!

ある朝。

私はソファに座って携帯を見ていました。
出窓から朝日が差し込んでいる。
ふと、アクビが何かに反応してソファの隣のテーブルに乗ってきました。
興奮してる。

差し込んだ光が携帯の画面に反射して、壁に映っていたのでした。
それを捕まえようとするアクビ、目の前の骨壷など気にもせずに。

f0011749_18340735.jpg
イタズラアクビ。

思わず「やめてー!」と大きな声を出していました。
骨壷が落ちる!!
駆け寄って間一髪セーフ。
くまの骨壷が半分落ちかけ。

その日は朝から涼しくて、戸という戸を開け放ってて、ベランダにつながる窓も全開してました。
多分隣近所に「やめてー!」は聞こえてる。

オットは出社の支度をしてて、着替え中でした。
話をしたら笑ってたけど、隣近所に疑われてるよ?

f0011749_18381429.jpg
んもー!アクビー!

寿命縮んだ…。

f0011749_18401388.jpg
そのときユルールは?
どこにいたんだろ?

アクビって不思議ちゃんだなあ。
つかみどころがない。
クールなようでどんくさいところもあり、空気読まないし。
わかりやすいのはユルール。
男の子はわかりやすいのかな。
くまもそうだった。

[PR]

by niya222 | 2018-08-18 18:31 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://niyakuma.exblog.jp/tb/29998615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 監視生活。      アクビの甘えん坊モード。 >>